熊谷ってどんなとこ?日本一暑い?高崎線「熊谷駅」

 

熊谷は、最近まで「日本一暑い街」としても有名。埼玉県北部に位置し、北側にはすぐ群馬県が位置しており熊谷駅はJR東日本「高崎線」「湘南新宿ライン」「上越新幹線」、秩父鉄道の「秩父本線」が乗り入れ接続駅となっています。

 

どれだけ暑いの?

 

元日本一暑い熊谷ですが、まっさきに思うことと言えば「熊谷ってどれだけ暑いの!?」でしょうか。

ハッキリ言って

「暑い!」です。

暑い!と言っても夏はどこも暑い!確かに北海道と比べてしまうと差はありますが、ここ周辺の地域は変わりませんよ絶対!熊谷だけが急激に温度が高いなんてそんな話あるわけないでしょ💦
その土地土地の地形や建物など色々重なって暑くなるのはわかりますが、関東圏は変わりませんよ絶対!・・・ただの予想です。
でもなぜか熊谷に居るだけで「暑い」と感じてしまうのは私だけでしょうか・・・今年も「熊谷はやっぱ暑いねぇ」なんて言ってました(笑)

 

どんな街?

さて、元日本一暑い街「熊谷」はいったいどんな街なのでしょうか?
歴史的な部分は今回は割愛して、今の熊谷を見ていきましょう。

熊谷駅
熊谷駅から池袋駅まで電車で約1時間。意外に早いです。youtubeを観ていたらあっという間です。
駅周辺には飲食店も多く美味しいランチがいただけ、夜は居酒屋などが街を明るく照らします。けっこう飲み屋さん多いですね♪
車は、駅近くに国道17号が通っており交通も便利。

夏は駅の入口に「冷却ミスト」を設置。8~20時の「気温28°C以上・湿度70%未満・風速3m未満・降雨なし」の条件が揃うと自動噴霧されます。これはありがたい!

デパート


 
駅と直結して「AZ(アズ)」、となりに「ティアラ21」、道を渡って「ニットーモール」と並んでいます。

 

 


AZ
薬局、レストラン、ファッション、ビューティ、雑貨など、
さらにはビアガーデンも! AZセカンドは駅改札でたところにあり、書籍、100円ショップ食品など。

ティアラ21
こちらは、映画館、ファッション、飲食店、
ドコモショップ、スポーツジムなど

ニットーモール
電化製品、書籍、ファッション、アミューズメント、フードなど。
色々あってとっても便利ですね。

 

八木橋

「熊谷駅」から徒歩12分。秩父鉄道「上熊谷駅」から徒歩3分。色々入っていてちゃんとしたデパート。よく物産展をしております。

 

 

 

イオン
「熊谷駅」から徒歩14分。秩父鉄道「上熊谷駅」から徒歩5分。イオンは言うまでもありませんね。

 

 

 

 

役所や様々な施設

熊谷市役所
「熊谷駅」から徒歩12分

熊谷ドーム
 
「熊谷駅」から車で約10分。となりのラグビー場では今年2019年9月に「ラグビーワールドカップ」が開催予定。残念ながら日本戦はやりません涙

 

花湯スパリゾート
 
熊谷ドーム近くにあるスパリゾート。ここはホントにおすすめです!
お湯よし!味よし!広さよし!雰囲気ももちろんよし!説明するまでもなく一度行ってみてください!
>花湯スパリゾートhttp://hanayuspa.jp/

 

おふろcafé BIVOUAC】おふろかふぇびばーく
 
籠原駅から徒歩で20分にある「おふろcafé」
アウトドアのワクワク感をプラスした世界観。テントや暖炉、ボルダリングもあって子供から大人まで楽しめます。営業は23時間と超ロング。疲れを癒してワクワクの空間で過ごしてみては?

住所:埼玉県熊谷市久保島939
>おふろcafé BIVOUAC https://ofurocafe-bivouac.com/

 

熊谷食品卸売市場くまがやしょくひんおろしうりいちば

熊谷に市場!?なんて思うかもしれないですが、あるんです!
秩父鉄道で熊谷の次駅「ソシオ流通センター駅」すぐ。金土朝5時~正午まで一般開放されてますので是非!
>熊谷食品卸売市場http://kumagayashijyou.com/

 

観光

熊谷の観光に関しては、まず「熊谷観光案内所」へ。 北口を出てすぐ右にあります。

こちらで情報収集。 ここに載ってないものも案内してくれますので立ち寄ってみてください。

 

高城神社たかぎじんじゃ

神話の神・高皇産霊尊(たかむすびのみこと)を祀(まつ)っている神社です。天正18年(1590年)の兵火で焼失したのを、忍城主・阿部忠秋が再建しました。「産(むすび)」の名のとおり「縁結び」「安産」、「家内円満」「営業繁栄」に導く神として崇敬されています。

1mもある日本一長い「おみくじ」。一年の運勢を占ってみましょう!

住所:熊谷市宮町2-93
交通:熊谷駅北口正面口から徒歩15分

 

妻沼聖天山めぬましょうでんざん

歓喜院聖天堂

妻沼聖天山歓喜院の本殿「聖天堂」は、宝暦10年(1760年)に再建されました。日本三大聖天のうちの一つに数えられる名刹です。埼玉日光という別名もあり、本殿外壁の彫刻は豪壮華麗です。境内には重要文化財「貴惣門」のほか数々の美しい建築物が点在しています。また、古来より縁結びの神様として厚い信仰を集め妻沼の聖天様と言われています。
確かに日光を思わせる造りですね。「歓喜院聖天堂」が熊谷市初の国宝です。

住 所:熊谷市妻沼1627
拝観料:700円(中学生以下は無料)
交 通:熊谷駅北口6番バスのりば「妻沼聖天前、太田駅、西小泉駅」行き→「妻沼聖天前」下車約30分

 

星溪園せいけいえん

竹井澹如が慶応年間から明治初年にかけて作った回遊式庭園の市指定名勝です。園内では玉の池を囲むように散策路があり、星溪寮、松風庵、積翠閣の3つの建物があり、お茶会などの日本的文化教養の場として、利用できます。
四季折々の風景を楽しんでみてはいかが?

開園時間:9時~17時(11月1日~2月末日は、9時から16時まで)
休園日 :月曜日、12月27日~1月4日(月曜日が休日の場合は翌日になります。)
所在地 :埼玉県熊谷市鎌倉町32番地
アクセス:JR熊谷駅からは徒歩約18分

 

熊谷うちわ祭りhttp://uchiwamatsuri.com/index.html

熊谷駅前からかなりの広範囲で開催されるお祭り。このお祭り、ハッキリ言ってすごいです。規模範囲デカすぎる!屋台の数もものすごい!歩き疲れてクタクタになるほどです。2019年は7月20日~7月22日の3日間。
一度は経験してください!この3日間は人暑さもすごく、人がものすごいので暑さ対策は必須です!

 

熊谷花火大会

1948(昭和23)年から続く伝統のイベントで、埼玉県では長い歴史を誇る花火大会。花火業者7社によるスターマインコンクールが見どころで、各社が趣向をこらして技を競います。ウエディングや誕生日のメッセージを伝える「メッセージ花火」も名物。会場は見晴らしがよく、遠くからでも眺められる。河川敷には約500の夜店がズラリと軒を並べ、圧巻です。2019年は8月11日(土)19:00~

 

 

グルメ

熊谷は色々なグルメの街。その中でも「ご当地グルメ」は有名です。美味しいお店もたくさんあるので色々散策してみるのも楽しいですよ!

 

ご当地グルメ

雪くま

真夏の暑さと美味しい水で有名な熊谷。そんな熊谷の暑さを乗り切れるようブランド化されたかき氷。フワフワした食感で口に入れると「フワッ」と溶けてなくなります。
熊谷うどん

有数の小麦の生産を誇る熊谷で、熊谷産小麦を50%以上使用し、熊谷で製粉・製麺された地産地消のブランドうどんです。
五家宝(ごかぼう)

香ばしいきなこの香り、どこか郷愁をそそる素朴な菓子として、草加せんべい、川越の芋菓子とともに、熊谷の“五家宝”は埼玉三大銘菓の一つといわれています。「五穀は家の宝である」という祈りを込めて現在の“五家宝”とつけられました。五家宝は、控えめな甘さで消化も良く、滋養に富む自然食品として、近年の健康ブームのなかで再び注目を集めています。

グルメ

とんふみhttp://www.tonfumi.com/

とんふみのとんかつは素材にこだわり、自然のままに育て作り方にこだわったジューシーな一品です。熊谷駅おとなりの「籠原駅北口ロータリー目の前
是非ご賞味あれ!
住所:埼玉県熊谷市新堀781
電話番号:048-532-4129

 

永楽本店えいらくほんてん

熊谷駅から徒歩7分の所にある中華料理店。リーズナブルでおいいしい。夜は会社帰りの方などでかなり賑わいます。おすすめは「麻婆豆腐」これを食べずして永楽は語れない。そして「餃子」創業以来57年間変わらぬ味は通い続けるファンも多い。是非味わっていただきたい一品です。


埼玉県熊谷市星川1-33-2
17:00~翌0:30(日祝は翌0:00まで)
定休日:水

居酒屋
   

熊谷は居酒屋がものすごい多い街です。とてもじゃないけど全部載せられません。私の第一印象が「都心じゃないのに居酒屋多っ!」でした。チェーン店はもちろん、隠れ家的な居酒屋もけっこうあります。お気に入りのお店を見つけるのに「居酒屋巡り」してみるのも面白いかも。

 

まだまだあります

上記に紹介した以外にも熊谷にはまだまだ見どころが満載!このページだけでは伝えきれない場所がたくさんあります。
都心からのアクセスも良く小旅行にはピッタリ。日帰りでも楽しい街なので熊谷の「夏の暑さ」を体験してみてはいかがでしょうか?
夏はホントに暑いですが、色んな意味で熱いです。

「熱いぜ!熊谷!」

 

 

監修:株式会社住まいる館 藤田功一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です